ビジネスの残業制限

ビジネスに残業はつきもの

残業ビジネスは注意が必要

ビジネスにとって一定の残業は付きもので、仕事の忙しさに応じて、それを乗りきるためには必要なものです。しかし月100時間にも及ぶ残業が常態化すれば、過重労働となり、社員の心身を蝕み、最悪の場合にはうつ病を発症して自殺にまで追い込む危険があり、注意が必要です。こうした過重労働を防止するために、労使間で協定を結ぶのが一般的で、月の上限を40時間程度と設定している事が多いようです。ビジネスを永続的に発展させるためには、社員に過酷過ぎる要求をするのではなく、ワークライフバランスを取れるようにし、モラルを維持し高める事こそ重要だと言えます。

残業は強要させることはできない

戦争が終わり、団塊の世代が活躍した高度成長期には、残業が美徳とされ、しない者は肩身の狭い思いをしたものです。今から見れば、その時代はまだまだゆったりしていた時代で、ビジネスが原因での過労死や自殺などはめったになかったようです。残業は強要することはできないと就業規則に歌っていても、職場の体質でやらざるを得ない場合もあります。現代はネットの普及によりIT関連の業種も増え、就業時間が極端に長くなっているにもかかわらず、従業員に見返りの少ないストレス社会だと言われ、政府もビジネスの就業環境を見直してきています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネスのやり方を変える All rights reserved